ありのまま生きるから稼げる。何故かうまくいく人の生き方。

 

 

ありのままの自分を意識し始めた結果…

 

  • 趣味だったヨガでインストラクターになったり
  • 趣味だった歌で夫とライブ活動を始めたり
  • 好きだった沖縄へ移住することにしたり

 

(↑初めてのシュノーケルにびびりまくりの我々夫婦)

 

数年前には思いもよらなかった方向へ人生が転がりだして、わたし自身でも驚いています。

 

 

ちなみに数年前は、

 

毎日帰宅すると、精神的に疲れ果ててしまう
職場や学校ではうわべの自分で過ごしている
家と職場の往復の毎日でヘトヘト
ささいな心の動きまで打ち明けられる友人がいない
つい八方美人になってしまう。
自分のやりたいことよりも家族や周囲の希望を優先させてしまう。

 

そんな風に生きていました。

 

 

どうしてこんなに生きづらいのか、自分でもわかりませんでした。

 

 

社会に出てからも、うわべは上手に人間関係をこなしていましたが、心の奥ではいつでも、いつまでも、孤独感や寂しさが付きまとっていました。

 

 

仕事ではどうしても「仕事用の自分」を演じてしまう。会う人によって違う自分になってしまう。

 

 

何人もの自分を意識せずに演じてしまい、家に帰る頃にはクタクタ。

 

 

結婚した後、夫に、外と家で私の人柄が全然違うことに驚かれもしました。

 

 

時折、いつでもどこでも自然体で、媚びもせず、支配的でもなく、ニュートラルに生きている人に出会うと、羨ましくて羨ましくて…

 

 

あまりの嫉妬に、苦しささえ感じていました。

 

 

そんないろんな人達と出会う中で、ありのままで生きている人たちこそが、人生うまくいっている、そんなことに気が付きました。

 

 

ありのままで生きるコツ、ありのままで仕事をするには、について解説します。

 

 

5分ほどお付き合いくださいね。

 

 

 

ありのままで生きていない子供は大人になると「こじらせる」

 

わたしには、小学校半ばから中学校にかけて記憶がほとんどありません。

 

 

その頃からずっと仲良くしている友達もほぼいません。

 

 

数えるほどしかない記憶には「周囲からの評価」という共通点がありました。

 

 

表彰されたときや高校受験に成功した時などの、褒められるに値するような記憶。

 

 

クラスメイトから嫌われたり、恥ずかしい失敗などの、自己卑下につながる記憶。

 

 

常に周囲からの評価を気にして生きてきた苦しい思春期でした。

 

 

私がどうしてそんな子供に育ったのか振り返ってみた記事はこちら→プロフィール

 

 

いまでこそHSPといった言葉も登場し、自分たちがどんな人間であるのか客観的に捉えやすい時代になって本当に有難いことです。

 

 

HSPについてはこちら→HSPに向いてるお仕事

 

 

ありのままで生きるパートナーとの出会いで苦しむ

 

「わたしばかり、報われない!!」

 

 

夫も比較的抑圧された家庭環境で育ったので、その反動なのか、私のまえでは想像を超えた「ありのままっぷり」を披露してくれます。

 

 

彼にとっては自分を抑えて働きつづけることは非常に難しいことなので、いわゆる一般的な働き方が出来ません。

 

 

でも、本当はみんなそうなのだと思います。会社に行きたくない時だってあるし、働きたくない時だってある。夫は人一倍ありのままなだけのです。

 

 

エピソードとしては、彼はプロポーズしてきたその週に、仕事が嫌になって辞めてしまったことがありました。

 

 

相当、驚きましたし、怒りました。

 

 

普通は結婚を控えた男性はそんなことはしない、と思いませんか?

 

 

あの時はそんな夫を理解できず本当に苦しみました。

 

 

当時、私が彼に対して「普通」や「常識」を求めていただけなんですけどね。

 

ありのままで生きることが思い通りに生きる唯一の方法

 

 

言うなれば、夫は自分の思いを行動に移してしまえる、んですね。

 

 

かたや、私はどうだったでしょうか。

 

 

夫の分まで稼ごうと思ったり、支えてあげなくちゃと思ったり、(今思うと典型的な、ダメンず製造機!!汗)

 

 

職場に有給を申請するのも冷や汗をかくような始末。

 

 

職場や家庭で空気を読んで、あいだを取り持ったり、調停役に回ったり・・・

 

 

自分の思いに蓋をして、周囲の希望を実現しようと一生懸命。

 

 

その挙句に「私はこんなにしてあげているのに、報われない!」と苦しんでばかり。

 

 

ある時、夫にそんな苦しみの丈をぶつけたことがありました。

 

 

わたしはこんなに頑張ってるのに!

 

わたしはこんなに苦労してるのに!

 

わたしは!わたしは!

 

 

黙ってわたしの話を聞いたあと、夫はしょんぼりとしてこう言いました。

 

 

僕も僕なりに頑張ってると思ってた、暮らしのことは早く相談してほしかった。そして、

 

 

「まりちゃんも、自分のやりたいことをやっていいんだよ」

 

 

「まりちゃんのやりたいことは、まりちゃんしかわからないから」

 

 

・・・

 

 

わたしは、わたしのやりたいことをやっていい?

 

 

私にとっては衝撃的な事実でした。

 

 

他人からの評価が全てだった私は目からうろこが落ちる思いでした。

 

 

それからは自分のやりたいことがなんなのか、探す日々が始まりました。

 

 

籍を入れただけで結婚式を挙げられるなんて考えもしなかったくらい、貧乏な私達でしたから、決して金銭的に余裕は無かったけれども、

 

 

その中でわたしたちはそれぞれやりたいことに挑戦し、ありのままで生きていけるように模索の日々を過ごしました。

 

 

その中でわかったのは、行動の大切さ。

 

 

自分がやりたいと思ったことを勇気をもって行動する。これがありのままで生きることになるということに気が付いたのです。

 

 

例えばあなたが来月ある勉強会に行きたいと思ったとします。

 

 

そのためにお休みの希望を取らなければなりません。

 

 

けれど、その日は連休で、他のスタッフもお休みが取りたいと話しているのを聞いた。

 

 

自分の希望を優先させるのをあなたは躊躇するかもしれない。そんな時は、

 

 

休みをとってください。

 

 

他の人の希望は、他の人のもの。

 

 

他の人がその希望を叶えられるかどうかは、あなたの仕事ではないんですよ。

 

 

あなたの仕事は、あなたの希望を叶えられるかどうか、だけです。

 

 

それが、ありのままでいるということです。

 

 

ありのままの自分を表現することが大前提の仕事

 

出来る限り、ありのままでいられるようにと、私は好きなことを仕事にし、複数の生業をしています。

 

 

いろいろな仕事のうち、ブログメルマガアフィリエイトはその最たるもので、わたしのありのままの思いを表現することがお金を稼ぐことに直結しています。

 

 

どういうことかというと、仮にあなたがブログメルマガアフィリエイトを始めようと思ったとしますね。

 

 

アフィリエイトとは、はあなたのブログで商品を紹介して、読者さんに購入してもらい、紹介料として代金の一部を収入として受け取るというビジネスです。

 

 

これはリアルビジネスでも同じことですが、お金を稼ぐには、お客さんの心を動かさなければ物は売ることは出来ません。

 

 

あなたは、ブログの記事でお客さんの心を動かす必要がある、ということですね。

 

 

ここで、問題があるのですが、お客さんはどこの誰ともわからない人にお金を払おうと思いません。

 

 

ですから、あなたはブログで、あなたの経験や、生い立ち、実績があれば実績、達成したこと、その方法、そのとき苦労したことなどを、オープンに書いていきます。

 

 

深く悩んでいたことや、それを解決した方法、等も良いと思います。

 

 

これはお客さんに対して、「私はこんな人間です」と伝える自己開示です。

 

 

喜怒哀楽を包み隠さず伝えましょう。勿論プロフィールも大切です。

 

 

あなたのブログを訪れた人は、あなたのありのままを表現したブログ記事を読み、

 

 

共感したり、あなたの記事を参考にして悩みが解決されるかもしれない、と希望を抱きます。

 

 

そこであなたが悩みの解決につながる商品を紹介する。

 

 

お客さんは、こんな人が書いているのだから信用できるだろうと思い、それが売れる。

 

 

こういった流れであなたはお金を受け取ることが出来るようになるわけです。

 

 

つまり、あなたが、ご自分のありのままを、情熱をこめて表現していくことが、お金を生み出すことにつながる、というわけです。

 

 

ありのままで表現することが共感を呼び、人を惹きつける

 

私はこれを知ったとき、なんて素晴らしいんだ、と思いました。

 

 

インターネットが普及したおかげで、ありとあらゆるお金の稼ぎ方が、世の中にバンバン登場しましたね。

 

 

例えばYOUTUBERも表現することがお金に代わっています。

 

 

数千万単位で稼いでいるYOUTUBERたちは、

 

 

本当に「やりたいことをやって」、「ありのままの自分」を表現することで

 

 

視聴者から喜ばれ収入を得ています。

 

 

その収入で更に表現に磨きをかけたり、新たなことに挑戦したり、人生を思い通りに生きているのです。

 

 

ネット上には、表現をお金に変える方法がたくさん存在します。

 

 

もはや、ありのままの自分でいればいるほど、人を惹きつけ、共感者が増え、そこへお金が流れています。

 

 

素晴らしい世の中になったな、と思います。

 

 

わたしは30代ですが、もっと早いうちからこのことに気が付いていたら、もっと早くに沖縄に移住が出来ていたかもしれません。

 

 

 

何を買うかよりも誰から買うか=お金は愛のエネルギー

 

長くなりました。

 

 

ありのまま生きていればいるほど稼げる=思い通りに生きていける時代が来ているというのがおわかりいただけたかと思います。

 

 

物が売れなくなった今、すでに、何を買うかよりも、誰から買うか、が重要になっています。

 

 

あなたに惹きつけられ、共感してくれる人々は実は思ったよりも世の中にたくさんいます。

 

 

そういった人たちにお客さんになってもらうことは、今や難しくないのです。

 

 

はじめの一歩は自分のやりたいことを、勇気を持って行動する。

 

 

はじめは抵抗があるかもしれませんが、気がついたらありのままで毎日を生きて、思い通りの人生になっている、そんな正のスパイラルに入っていけます。

 

 

もし、私のように、他人の思いを優先しているな、と感じることがあったら、少し立ちどまって見るのをお勧めします。

 

 

他人ではなくあなたがやりたいことはなんですか。

 

 

これからは思い通りに生きていきませんか。

 

 

あなたも、わたしも、もう幸せになっていいはずなんです。

 

 

あなたはそのままでいいし、やりたいことをやっていいんです。

 

 

これ、出来れば、口に出して言ってみると良いですよ。

 

 

ばかばかしく聞こえるかもしれませんが、試しに言ってみてくださいね。(小さい声でもOK!)

 

 

「わたしは、やりたいことをやっていい。」

 

 

長文お読みいただき有難うございました^^

 

 

それでは、また!