※この記事はこのブログの管理人が、
実際に沖縄へ移住して感じたことが赤裸々に書かれています。
いろいろな期待を持ってこの記事にたどり着かれた方もおられると思いますが
ご自身の判断で読み進めてください。

 

沖縄は本当に美しいところです。

 

 

西側、特に北部の海は最高です。離島は言うまでもありません。

 

 

観光地なので、美味しいお店もたくさんあります。

 

 

 

 


中南部は都会的、北部や離島には自然がたくさんあります。

 

 

 

夕陽はこんなに美しいのかと何度感動したかわかりません。

 

 

 


・・・と、沖縄のこういった側面は旅行雑誌におまかせして、

 

わたしたち夫婦が実際に暮らしてみて、感じたことをお伝えしていきますね。

 

※この記事はこのブログの管理人の個人的な見解です。
いろいろな期待を持ってこの記事にたどり着かれた方もおられると思いますが
がっかりしたくない方など、その辺りはご自身の判断で読み進めてくださいね。

 

沖縄移住のメリットとデメリットについてまとめた記事もご参考まで。

 

メリットと知って置いたらよさそうなことなどはコチラ
※沖縄に移住に踏み切る前に知っておきたいメリット

 

デメリットを羅列してみました。↓
※沖縄に移住して、予想外なことはままあった。

 

 

 

年中暑くて青い空が広がっている、、訳ではない

 

 

まず驚いたのが、けっこう涼しいこと。

 

私たち夫婦は都内の仕事を3月の年度末を持って退社し、4月に移住しました。

 

沖縄では2月にはひまわりが咲くと聴いていました。(実際咲きます^^)

 

ですから、4月なんてさぞ暑かろう!と思い、

 

ダウンコート、ブーツ、手袋など、都内で冬場使っていたものは一掃し、沖縄へ。

 

 

初めての沖縄での夜…なかなか、寒かったです。

 

残された薄手の衣類を重ねて寒さをしのいだのもいい思い出です。

 

 

日差しは強いので、晴れれば途端に暑いのですが、室内や日陰は意外と寒いです。

 

 

また、雨はしょっちゅう降ります。晴れの予報でも、少しの間ザーッと降ってすぐ晴れ間、なんてことも。

 

逆に一日中雨の日は少ないです。青い空の青い海の写真は観光雑誌の中で見てくださいね。

 

私も晴れの日は気合い入れて写真撮影しています。w

 

 

めっちゃ都会的です。

 

 

大自然が広がっていて…というイメージの方も中にはいるはず。

 

実際の沖縄はとても都会的です。

 

特に本島中南部は人口の密集がものすごい上に、観光客がわんさかいます。

 

ですが小さい島ゆえ主要道路は少なく、車の集中が激しいです。

 

平地が広がる部分は米軍基地であることが多く、アップダウンのある土地に、住宅が密集しています。

 

人口と住宅と車の密集。大都市と変わりません。

 

もちろん北部や離島は、まだまだ手つかずの自然や、のびのびとした古民家の広がる場所もあります。

 

ですが、果たしてあなたの移住生活に適しているかどうかは、よく考える必要があります。

 

何せ場所によっては「最寄りのセブンイレブンが台湾」だったりします。

 

場所はご自身のライフスタイルにあわせて選ぶと良いでしょう。

 

本州とは異なる文化と人柄

 

私の接している範囲では、基本的に皆さん大変親切にしてくださいます。

 

一昔前には排他的だと書かれている記事もよくありましたが、今は移住者もとてもたくさん増えてきているからか、そんな風潮はあまり感じません。

 

おおらかで、なんとかなるよ〜という風潮は確かに感じます。

 

何か相談しても「まあなんとかなるでしょう」となり、もう少しつっこんで改善したいことがあるときなどは、多少戸惑うことはあります。

 

それも沖縄。受け入れましょう。

 

また、ちょっとマイルドヤンキーな感じがする方も多いです。

 

そこは沖縄に限らず日本の地方はどこでもそうなのかもしれませんが・・・

 

ですがそれが市役所など公的なところの職員にも多くおられるので、彼らの対応にややびっくりすることもあります。

 

それも沖縄。受け入れましょう。

 

なんくるないさ〜が必要なのは、移住者側も同じですよ。

 

お給料が少ないのは事実のよう。しかし物価は安くない。

 

物価は高いです。

 

いわゆる「観光地価格」で商売している飲食店が多いからなのだと思います。

 

それに対してお給料は安いようです。最低賃金が700円台なので驚きました。

 

ある市ではハローワークでスーツの貸し出しを行っています。面接に行くためのスーツが無くて困る方々もおられるのです。

 

観光地では高級車がズラリと並び、かたや生活に困る人々もおられる、格差の激しいエリアであることも事実です。

 

移住を考える時には、仕事は大きな問題点であることは間違いありません。

 

大事なのは心の余裕と、お金の余裕

 

 

沖縄に来て感じたことをざっくりお伝えしてきましたが

 

移住に失敗するかしないかは、本人の心の持ちようが左右します。

 

 

沖縄は同じ日本だけれども、外国に来たんだというつもりで、文化や人柄の違いを受け入れていく心の余裕があれば大丈夫だと私は思います。

 

むしろ同じ日本だからこそ、変に油断して移住してしまう人が多いのだと思います。

 

たまたま日本語が通じる外国なんだ、そのくらいに思っていたほうがいいかもしれません。

 

人種も言葉も違う外国だったら、無理して頑張らないでしょうし、諦めもつくのではないでしょうか。

 

 

そして、心の余裕を保つために、お金には余裕を持って移住しましょう。

 

収入源をいくつか持ち、一つがダメでも平然としていられるような状態がおススメです。

 

仕事は人間関係も大きく左右します。

 

新しい場所、新しい仕事で、それに加えて新しい人間関係があなたに降りかかる事になります。

 

リスクは少ないほうがいいに決まっています。

 

心の余裕とお金の余裕を持って移住してきてくださいね。

 

 

PS.

 

私の場合はお金の余裕を持つために、ネットでの副業を選びました。

 

私が行っているのはブログメルマガアフィリエイトというお仕事です。
(ブログメルマガアフィリエイトについてはコチラ。)

 

ブログでは徒然に思いを書いていますが、お仕事についてはメルマガをメインに発信しています。

 

ネットがあればどこでも仕事が出来るので

 

沖縄移住はもちろん、あなたがどこに行こうと、どこに住もうと関係ありません

 

仕事を新しく探す手間もありませんし、人間関係にドキドキすることもありません。

 

今日はホテルラウンジが仕事場になりました。^^

 

 

仕事についてお話しているメルマガですが、今だけ、登録のお礼にプレゼントもお送りしています。

 

お金の余裕も身に着けて、好きな場所へ移住する心の余裕を身に着けるものありだと思います。

 

※期間限定メルマガ登録でプレゼント(詳細はこちら)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※hotmailとoutlookは迷惑メールフォルダに入ってしまうことがあるようです。それ以外のアドレスをお勧めします。

 

 

 

 

 

※ご入力頂いたメールアドレスは厳正に管理し

外部への共有、貸出し、売却等は一切致しませんのでご安心ください。