自信がないのは頭の中の声ばかり聞いているから

 

自信ない原因

 

今日は同僚がイライラしていた。私が何かミスしたからだろうか。
今日はクラスメイトが素っ気ない。私が何か言ってしまったからだろうか。
今日は恋人から連絡がこない。何かしたかな。

 

こんなことばかり考えていませんか。

 

発表する前も緊張するのに、発表した後はもっとびくびくしてしまったり、

 

楽しかった飲み会も、自分が変なことを言ってしまわなかったか気になったり。

 

いつも、自分の状態より、周りの人の状態を気にしていませんか

 

 

例えば、失敗した時なんてものすごく落ち込んでしまう。

 

落ち込みながらも「落ち込んでいて、打たれ弱いと思われたら・・・」と別の心配も始まったりする。

 

 

私もこんなことばかり考えていた時期がありました。

 

いつも自信がなくて、人の目を気にしてびくびくしていました。

 

例え何もしていなくても、自分が何かやらかしてしまったのではないかという可能性ばかり追及してしまっていました。

 

いつまでも、いつまでも。

 

 

ですが今は、ある方法を練習して、そんな考えをストップさせることが出来るようになりました。

 

いま、移住先の沖縄の海をながめていると、本当におだやかな気持ちです。

 

自信ない原因

※ビーチのお散歩が大好き

 

今日は、自信がなくなる原因と、効果のあった対処方法をお伝えしていきます。

 

5分ほどお付き合いくださいね。

 

 

自信をつけるために頭の中の批判者を黙らせる

 

結論から言うと、自信がない人は頭の中の声ばかり聞いています。

 

頭の中の声は、あなたの自信を無くさせるようなことしか言いません。

 

私が何かミスしたからだろうか。
私が何か言ってしまったからだろうか。
私、何かしたかな

 

↑コレです。

 

 

あなたが考えている、ということは間違いないのですが、

 

ちょっとここで、その「頭の中の声」を分離して考えてしましょう。

 

頭の中に「超がつくほどものすごい心配性のひと」がいると思ってください。

 

自信ない原因

 

 

その「中の人」はとにかく心配性なんです。全てのことが心配なんです

 

ですからあなたが心配になるようなことばかり言って来ます。

 

 

まずはこの中の人に黙ってもらいましょう

 

私、何かしたかな、どこか変かな、という気持ちが始まったら

 

中の人がしゃべっているんだということを、まずは思い出してください。

 

 

ネガティブな声を繰り返す「中の人」ー「自信がない」の正体

 

 

わたしたちは、子供のころ

 

両親や、兄弟、親族、学校の先生など、自分よりも権威的な人からたくさんのメッセージを受け取ります。

 

こんなことを言われたことはありませんか。

 

「ギャーギャー泣くんじゃない。」
「わがまま言うんじゃない。」
「あの子みたいにお行儀良くしなさい。」

 

 

そしてあなたは、愛されるために、言われたとおりにしようとしたはずです。

 

愛されるために、認められるために、あなたは最善を尽くしたはずです

 

 

もしかしたら、あなたは小さいころ

 

最善を尽くしてはじめて受け入れてもらえる、認めてもらえると思っていたかもしれません。

 

認めてもらい、愛されるためには、何か必要な条件があるんだ、と学習してしまったのです

 

 

今ならわかると思いますが、その「必要な条件」は幼いあなたが自分で考えたものではありません。

 

あなたのまわりの人々の思惑に基づいています。

 

 

言ってみれば、他人の都合です。

 

 

 

子供のころに受けたメッセージは、大人になってからの頭の中の会話にものすごく影響します。

 

お気づきでしょうか。

 

あなたの頭の「中の人」は、子供のころに受け取ったメッセージを今でも握りしめているんです。

 

大人になっても、今でもそれをひとりで繰り返しているのです。

 

 

こういう話になると、自分が自信が無かったり、満たされていないのは両親のせいだと考えがちです。

 

確かにあなたのご両親が深くかかわっているのは否定できませんが、全て悪いわけではありません。

 

ご両親を責めても何も解決しません。不満が募るだけです。

 

 

そして、ご両親も、その時のベストを尽くして、あなたを育てていたはずです。

 

 

出来ることはたくさんあります。

 

考えてみましょう。あなたはもう大きくなりました。

 

周りの大人に守ってもらわないと生死にかかわるような小さなこどもではありません。

 

ですから、周りの目を気にして、自分を苦しめるような考えを持つ必要はありません。

 

自分の意志で、その考えを手放していくことが出来ます。

 

 

いまこの瞬間に生きるー自分を愛することが自信につながる

 

自信ない原因

 

頭の中の人を安心させるにはどうしたらいいのでしょう。

 

最も効果的な方法は、あなたが代わりに安心させてあげることです。

 

わたしは鏡の習慣を持つことをおススメしています。

 

一日のうち何度も鏡を見ると思いますが、そのたびに、鏡の中の自分自身に愛情をこめたメッセージを贈るのです。

 

声に出すことが最も効果があります。

 

あなたが子供のころに言われたように、言葉で言ってあげるという事です。

 

ポジティブな言葉をかけましょう。

 

「あなたは守られている」

 

「わたしはあなたを認めている」

 

「わたしはあなたが大好きだ」

 

始めはいろんな感情が湧き上がって来るかもしれません。

 

だいたいの自信の無い人は、こんな風に他人に接してもらったことがないので戸惑います。

 

馬鹿げていると思うかもしれませんし、哀しくなるかもしれません。

 

ですが、諦めないでください。

 

心がざわついたということは、効果がある証です。

 

言葉に出せない時は、そんな風なあたたかい気持ちを贈ります。

 

この方法の効果の程については他の記事でも紹介しています。

 

自信のない人が克服する為に出来ること

 

 

 

頭の中の人が

 

あなたを怯えさせたり、哀しくさせたり、不安にさせるようなことを言い始めたら、思い出してください。

 

私にも出来たんですから、あなたにもできるはずです。

 

 

PS.

 

昔の私には「悩んでいない時期」というものがほとんどありませんでした。

 

悩んで苦しんで、それが済むとまた新たな悩みが始まる。それを延々と繰り返すのです。

 

この傾向に気が付いたのは小学生の頃です。

 

生きるのって辛いことばかりだ、と思ったのを覚えています。

 

今から思うと哀れな小学生です。

 

小学生の自分に沖縄に住む今の自分を見せてあげたいです。

 

自信ない原因

 

自分のこの自信の無さを克服したくていろいろなことを試しましたが

 

鏡の習慣が一番効果がありました。

 

やってみてくださいね。

 

鏡の習慣ー心の余裕とお金の余裕のためにできること

 

 

PPS.

 

私の自信のなさには、大きな二つの問題がありました。

 

自信が無くて心が苦しいことお金がなくて自信がないこと。

 

 

裕福ではない家庭で、親族から言葉の虐待を受けながら育ったため

 

心とお金の問題が私の人生を支配していました。

 

わたしの幼少期についてはコチラ(管理人のプロフィール)

 

 

 

どうにか人生を変えたくて、今は仕事としてブログメルマガアフィリエイトというネットビジネスをしています。

 

このブログでは主に心の問題についてシェアをしていますが

 

メルマガではお金の問題、私の仕事のアフィリエイトについてシェアしています。

 

 

お金の問題と向き合ったおかげで沖縄で暮らせていると思うと、あきらめなくて本当に良かったと思います。

 

つい先日は沖縄本島の北部に車を飛ばしました。

 

自信ない原因

※ドライブ中の車の窓から海

 

自信ない原因

※目的地は山あいにある、まさに「隠れ家」カフェ

 

自信ない原因

※魔法使いのようなマダムの作る「薬草ハーブピザ」(予約制)

 

時々、わたしがブログメルマガアフィリエイトでどんな仕事をしているのかご質問をいただきます。

 

そんな方向けのメルマガです。

 

 

 

※メルマガ登録無料キャンペーン中です。(期間限定特典付き)

 

 

 

 

 

 

※hotmailとoutlookは迷惑メールフォルダに入ってしまうことがあるようです。それ以外のアドレスをお勧めします。

 

 

 

 

 

※ご入力頂いたメールアドレスは厳正に管理し

外部への共有、貸出し、売却等は一切致しませんのでご安心ください。