自信がつかないのは自分への批判ばかり繰り返しているから

 

もっときれいだったら・・・
もっと背が高かったら・・・
もっと健康だったら・・・

 

これら全部が「自分への批判」です。

 

 

ただの文句でしょ、と思うかもしれませんが、この批判の本質はただの愚痴ではありません。

 

これは、あなたが現状の自分を否定している、

 

そして否定し続けている、という事に他なりません。

 

あなたは自分で自分を否定しています。

 

そんな状態で、自信がわかないのは当たり前だと思いませんか。

 

 

本当に自信をつけ、人生を変えたいと思っているなら

 

今すぐに自分へのネガティブな批判を手放すと決めてください。

 

 

私は本当の自信を付けるために、

 

鏡の習慣を続けることと
自分の力でお金を稼ぐ力をつけること

 

この二つをお伝えしています。

 

この記事では鏡の習慣について、さらに解説していきます。

 

自信をつけるために自分に向ける言葉を意識する。

 

鏡の習慣では、鏡の中の自分に向かって前向きなアファメーションを繰り返します。

 

 

前回、前々回と鏡の習慣について解説してきました。

 

 

(前々回)鏡を見るだけで自信をつけるシンプルな習慣

 

(前回)まずは愛情を持って鏡を見ることに慣れる

 

 

頭の中で繰り返されるネガティブなアファメーションを、前向きなアファメーションで塗り替えていきます。

 

基本はこうです。

 

「〇〇(あなたの名前)、大好き。本当に大好きだよ。」

 

大好きでなく、愛している、でも良いですね。

 

いずれにせよ、あなた自身を無条件に認める言葉を選んでください。

 

無条件に受け入れられる。

 

この経験から得られる自尊心=根拠のない自信は、計り知れないものがあります。

 

反論「自信がないから愛しているなんて言えない。」

 

自分に向かって「大好きだよ」や「愛している」という事が難しい人々がたくさんいることはわかっています。

 

自信がないから・・・では、ないのです。

 

最大の理由は、自分を批判する気持ちがあるからです。

 

意識しないうちに、古いネガティブなパターンを繰り返しているだけです。

 

でも、そんな昔のパターンを繰り返している自分をさらに責めたりしないでください。

 

傷をえぐっているようなものです。

 

前向きなアファメーションに意識を集中させる。これが大事です。

 

「大好き」「愛」、こういった前向きなアファメーションの言葉こそが真実です。

 

自分への批判が薄まれば、自分に自信が付き、自分のことを心から好きになれます。

 

 

 

鏡の習慣が辛いときは

 

自信をつけるための鏡の習慣ですが、

 

直球で感情に訴えてくるので、哀しくなったり泣きたくなることもあるかもしれません。

 

(始めのうちはティッシュがあったほうがいいかもしれませんね。)

 

 

アファメーションは、あなたの心の、かなり深いところへ届きます。

 

それは長い間、あなた自身に愛情を持って接していなかったから、かもしれません。

 

自分をもう一度大切に扱い始めると、今まで無視してきた態度が浮き彫りになり、

 

あの時こうしなかったから…などと、余計に哀しくなってしまうことがあるかもしれません。

 

大丈夫ですよ、こうした気持ちはだんだんと、自然に解き放たれて行きます。

 

感じることは丸ごと全部受け入れましょう。

 

自分の感情を批判したり非難するのは良くありません。

 

自信をつけるために、自分を愛して、受け入れます。

 

 

本当は、朝一番に鏡の習慣をするのがおススメです。

 

朝は、起きたばかりで見た目が良くないなと感じてしまうかもしれません。

 

でも、そういう気持ちも「自分に対する批判や非難」です!

 

そういった気持ちを捨てて、自分の奥深く、本当の自分の姿を探すのもこの習慣の目的の一つです。

 

見た目に左右されない「あなた自身」の尊さに気が付いたとき、深い自信が沸いてくることをお約束します。

 

さらに深い自信をつけるために

 

「私には資格がある。」

 

このアファメーションはとてもパワフルです。

 

わたしたちは時として、何かにつけて、私にはそんな資格はないと思いこみます。

 

自分がより良い暮らしを手に入れるための努力も拒否することがあります。

 

なぜでしょうか。

 

 

もしかしたら、自分にはその資格がない、自分はそれに値しない、という思いは

 

ちいさな子供の頃に味わったことから発生しているかもしれません。

 

子供が大人の都合で、本人の意志とは全く関係のない行動を強いられることはよくあることです。

 

あなたも、あなが自身が見ていた現実とは、全く関係のない他人の都合に従ってしまったのかもしれません。

 

時には理不尽なことでも。

 

 

あなたに資格があること、何かに値すること

 

これらと、誰かの都合に合わせてお行儀よくしていることは、全く違います。

 

わかりますね?

 

 

あなたのもとに、自然な流れで届けられた良い出来事。

 

それを受け入れることを拒否してしまうのは、あなたにとって良くありません。

 

自分に許可しましょう。

 

 

今日のアファメーションを送ります。
「私にもたらされる全ての良いものを受け入れます。」

 

 

PS.

 

「わたしは拒否している」

 

このことに気が付いたときに、わたしは

 

チャンスや良い機会が訪れた時に、自分でそれを拒否していたことに気が付きました。

 

 

反対にわたしの夫は受け取り上手です。自分自身の気持ちや体調をよくわかっているので、無理することがほとんどありません。

 

(夫から、まりちゃんももっと好きなことしていいんだよ、と言われたときは
始めは「何言ってるんだこの人は」と怒りでいっぱいになりました。)

 

それから、わたしは自分自身に「豊かになること」を許可しました。

 

以前は、お金は人を狂わせる、お金持ちは悪い人だ、と思っていました。

 

ですが心の奥では、本当はいつも「豊かになりたい」と必死でした。

 

それを押し殺して、蓋をして、見て見ぬふりをしてきたんですね。

 

つまり、自己否定ですね(笑)

 

 

私は鏡の習慣を通じて、自分に豊かさを追うことを許し

 

ビジネスを始め、今はネット上に収入自動発生の仕組みを構築し終りました。

 

沖縄の海を見ながら、頑張ってきた自分にちょっぴり誇らしさを感じています。

 

ちょっとしたドライブ中も青い海

 

いつまでも見ていたいと思えます。

 

波打ち際は贈り物でいっぱいです。

 

本当にいまさらですが自分に自信が沸いてきています。過去の自分には感謝しかありません。

 

ブログは鏡の習慣を中心に、仕事(アフィリエイト)の方はメルマガを中心に情報をシェアしています。

 

お金を自分の力で稼げるという自信は何物にも代えがたいです。

 

メルマガは登録無料です。

 

※期間限定!メルマガ登録で無料プレゼントキャンペーン実施中

 

 

 

 

 

※hotmailとoutlookは迷惑メールフォルダに入ってしまうことがあるようです。それ以外のアドレスをお勧めします。

 

 

 

 

 

※ご入力頂いたメールアドレスは厳正に管理し

外部への共有、貸出し、売却等は一切致しませんのでご安心ください。