自信をつけるための誰にでもできる鏡の習慣

 


自信がないと何をやってもうまくいきません。

 

自分を疑い、自分を責め、毎日が辛くて仕方なくなってしまいます。

 

わたしもそんな一人でした。

 

わたしの人生は、いつも心の問題とお金の問題を抱えていました。

 

幼いころからお金に恨みを持ち、言葉の虐待によって自尊心を育むことが出来ませんでした。

 

大人になっても、自信がないことと、金銭的な問題に頭を悩まされていました。

 

自分の人生を変えるには、精神的な努力と金銭的な努力、このふたつが必要だと感じた私は

 

自信を付けるためのある習慣と、ネットビジネスの構築を始めました。

 

おかげさまで今、沖縄へ移住し穏やかに過ごしています。

 

 

 

今日は、自信を付けるためのある習慣「鏡の習慣」についてお話します。

 

5分程おつきありくださいね。

 

鏡の習慣でわたしの想像をはるかに超えた自信が身に付く

 

私の言う鏡の習慣とは、鏡に映る自分の目を見つめて、前向きなアファメーションを繰り返す事です。

 

 

自分のことを好きになること、自信をもつこと、自分をまるごと愛することを体験的に学ぶことが出来ます。

 

あなたはこの習慣を通して、あなたのいる世界が、思いやりにあふれた安全な場所であることを理解できます。

 

アファメーションとは

 

自分に対する宣言だと捉えてください。

 

考えること、口に出して言うこと、それらも全部がアファメーションです。ひとりごとも、頭の中で繰り返している会話もそうです。

 

こうしたアファメーションのひとつひとつが、あなたの潜在意識に対するメッセージとなっています。

 

潜在意識というと心理学のような難しい内容になってきたような気がするかもしれませんが、難しく考える必要はありません。

 

あなたの心にちょっとずつ影響を与えるよ、と捉えていただければいいと思います。

 

水を入れたコップを思い浮かべてください。そこに墨を一滴たらすと広がっていきますね。

 

一滴や二滴なら透明なままかもしれません。ですがそれが繰り返されれば?

 

だんだんと水は黒く濁っていきます。

 

 

自身のない人は、頭の中でネガティブなアファメーションを繰り返してしまうのです。頭の中の声に耳を傾けすぎているとも言えるでしょう

 

自信がない原因についてはこちらもどうぞ。
自信がない人がやってしまうことー頭の中の批判者を黙らせろ

 

 

前向きなアファメーションを繰り返していくことは

 

潜在意識に暖かいメッセージを送る習慣を身に着けることになります。

 

そしてそれが、習慣的な世界観、考え方、行動を生み出していきます。

 

前向きなアファメーションは、あなた自身を癒したり、安心させたりします。

 

それが自信を育みます。自尊心を芽生えさせて心の中の喜びの感情を大きくしていきます。

 

最も力が強いアファメーションが、鏡の前に立って大きな声で言うアファメーションです。

 

 

自信と鏡の関係

 

 

自信のない人は鏡を見ていながら自分のことをきちんと見ていません。

 

残念なことに、自分の欠点ばかりを真剣に探しています

 

ここにシミがあるとか、二重じゃない目に文句を言うとか、もっと痩せていたら、とかもっといい服を来ていたらなどダメ出しをしてばかりです。

 

考えてみて下さい。

 

もしこれが、小さな子供に対してあなたがしていることだったら、どうでしょう。

 

その子供は、毎朝あなたに欠点ばかりなじられているんです。

 

可哀そうだと思いませんか?自信がないのも当たり前だと思いませんか?

 

鏡の習慣を実行して行くなかで、あなたは自分の使う言葉や、自分の行動に、もっと気を配るようになるはずです。

 

「自信がつく」よりもさらに進んだ状態の「自分という存在を大切に扱う」ということを身に着けていくはずです。

 

何か良いことがあったら、鏡の前に立って「ありがとう。あなたに良いことがあって嬉しい。」と言葉にして言ってください。

 

悪いことがあったら、こんな感じです。

 

「大丈夫。わたしはあなたのことが大好き。起きてしまったことは過去のこと。あなたを好きな気持ちは、今も未来も変わらないよ。」

 

早速自信をつける習慣を始めよう

 

 

鏡の前で自分の姿を見ながら過ごすのは、人によっては難しいものです。けれど、それは本当に最初の最初だけです。

 

習慣というのは気まぐれに一回や二回繰り返すことではありません。毎日毎日行うことです。

 

続けていくうちに自分を否定する気持ちが薄らいでいくはずです。鏡の習慣ではなく、鏡の趣味、になるかもしれません。

 

鏡の習慣は、自分自身に対する最も簡単で安価な自己投資です。自分への愛情のこもったプレゼントになります。

 

「おはよう」「顔色がいいね」「楽しそうだね」と語りかけることはほんのすき間時間で出来る事です。

 

一日をとおして、自分に前向きなメッセージを送ることは大事です。

 

あなたにとって何か難しい状況にあったとしても、鏡を使って自分を褒めて、自分を認めて、自分を受け入れることは自信につながる何よりも強い方法です。

 

間違いなく、だんだんと自信がつき、楽しめるようになるはずです。

 

自信を付けるための実践

 

鏡の前に立つか、座ります。

 

自分の目を見ます。

 

ゆっくりと息を吸込み、宣言しましょう。

 

「わたしはあなたを好きになりたい。」(アファメーションの言葉)

 

もう一度ゆっくりと息を吸い込み、続けます。

 

「あなたを好きになるために練習しています」

 

 

今日が初めてなので、このふたつの言葉も難しいかもしれません。

 

でも、諦めないでください。ゆっくり息を吸って、鏡に映る自分の目を見つめて、

 

「〇〇(あなたの名前)、あなたを好きになりたい。」

 

大きな声で言えなくても構いません。

 

鏡や窓に映る自分の姿を見たら、このアファメーションを繰り返してください。

 

はじめたばかりのころは、こんなことは馬鹿馬鹿しく感じられるかもしれません。

 

イライラしたり哀しくなることもあるかもしれません。

 

私もそうでした。でも大丈夫です。こころが動いたという事は、効果のある証拠です。

 

新しいことに挑戦したあなた自身を誇りに思ってください。

 

 

経済的な自信をつけるのも大切なこと

 

 

わたしは心の問題とお金の問題を抱えて生きてきたというのは前述のとおりです。

 

そのふたつの問題はお互いに深くからみあっていました。

 

たとえ金銭的に豊かになっても、心に問題を抱えていては幸せになれません。

 

鏡の習慣を通して自信をつけたことで、ビジネスにも大きな成果が現れました。

 

是非、本当の自信をつけるために鏡の習慣を続けてみてください。

 

 

 

PS.

 

お金の問題については

 

私はブログメルマガアフィリエイトというネットビジネスに取り組んでいます。

 

ブログの方では主に心の問題について焦点をあてることが多いですが、

 

お金の問題についてもすこし触れていますのでご参考までにご紹介します。

 

※夫の転職癖に悩み、自分で稼いだほうが効率が良いと悟った

 

仕事が続かない人には自分で事業を興すのもお勧めしています
※事業を始めることで本当の自信を取り戻した

 

※ブログメルマガアフィリエイトという仕事について

 

 

PPS.

 

沖縄に移住してからは、自然の中へ出かけることが本当に多くなりました。

 

※古宇利島は観光客でいっぱいでしたがとにかくきれいなビーチでした。

 

※移動中も青い海に歓声をあげてしまうことしばしば

 

※森の中も気持ちいいです(大きなガジュマル)

 

心の余裕とお金の余裕が密接にリンクしていると実感しています。

 

車の両輪のようにどちらも欠かせません。

 

わたしはそのどちらも解消できる仕事と出会えたのは本当に幸運だったと思います。

 

私の仕事についてはメルマガをメインにお話しています。

 

※今だけ期間限定プレゼント付きです。

 

 

 

 

 

※hotmailとoutlookは迷惑メールフォルダに入ってしまうことがあるようです。それ以外のアドレスをお勧めします。

 

 

 

 

 

※ご入力頂いたメールアドレスは厳正に管理し

外部への共有、貸出し、売却等は一切致しませんのでご安心ください。