固定費を制する者は家計を制す。
まずは携帯代!家計の支出を減らそう。

 

お金の知識、基本シリーズの4回目です^^

 

今日もお金の正しい知識について勉強していきましょう。

 

お金の基本

 

1 稼ぐ
2 貯める
3 増やす
4 守る

 

この2つめ、貯めるところからお話しています。

 

 

簡単にこれまでのシリーズを振り返ると、

 

  1. お給料以外にも収入源をつくり、効率的にお金を貯めて投資をする。
  2. 貯蓄分と投資の利益を再投資してさらに増やす。
  3. 生活費よりも不労所得が大きくなるまで繰り返す。

 

これがお金持ちになるための方法です。理解しておきましょうね。

 

こちらも参考にしてください

 

学校では教えてくれないお金持ちになる方法

 

労働を終わらせて資本家の世界へお引越しする方法

 

 

わたしの場合は

 

効率よく稼ぐために、そして不労所得を増やすために、アフィリエイトという方法をとりました。

 

現在は沖縄へ移住し南国の暮らしを楽しんでいます。

 

※ビーチをお散歩するのが好きです。

※沖縄は実は長寿県で、伝統食はとてもヘルシーで気に入っています。

 

それでは今日の本題「固定費の見直し:携帯代金」に入って行きましょう。

 

 

 

 

金持ちへの道:家計の支出を大幅に減らせる携帯電話代金の見直し

 

前回は、毎月出ていく固定費について敏感になりましょう、とお伝えしました。

 

前回↓
お金持ちの基本のキ/どうして固定費から見直すのか

 

 

携帯代金が月に5000円だとします。年間にすると6万円になりますね。

 

 

バッグとか、ちょっとした旅行とかで、6万円の買い物をするときは

 

だいたいの人がちょっと高いなって思うと思います。

 

収入とのバランスを考えるからです。

 

 

ですが、月額5000円だったどうでしょう?

 

まあしょうがないかな、と思ってしまいがちじゃありませんか?

 

でもコレ、同じことです。

 

この感覚の違いについて敏感になっておきましょうね。

 

減らせる固定支出の代表選手、携帯料金

 

今日はドコモ、au、ソフトバンクを使っている方向けのお話ですね。

 

この3大キャリアのユーザーであれば、月額にして

 

スマホ1台当たり、6000〜1万円くらいお支払いされていると思います。

 

 

まずはこれを格安simに変えましょう。

 

格安simに変えると、スマホ1台あたり月々2000〜多くても5000円くらいになります。

 

3大キャリアを使っていた時との差額は4000〜5000円ですね。

 

 

これはスマホ1台分の計算なので、

 

ここに家族分が加わったら、と考えると大きな額になります。

 

家族4人だったら月額16000円〜20000円安くなります。

 

おおきいですね!^^

 

 

まず、とりあえず一人分で考えていきましょう。

 

ここで、シンプルに、毎月5000円を余計に稼ごう、と考えてみて下さい。

 

時給800円だったら6時間半働かなくてはなりません。

 

通勤時間や新しい人間関係のことなどを考えるとちょっと大変ですね。

 

費用対効果のバランスがあまりよろしくないです。

 

しかも税金がかかって来るので、まるまる5000円もらえるわけではありません。

 

こんな風にして5000円を稼ぐよりも、毎月の支出を抑えるほうが圧倒的に簡単ですし、効果が高いと言えるでしょう。

 

 

格安simについてよくいただく質問

 

格安simに乗り換えるときに違約金がかかります。トータルどちらがお得なんですか?

 

違約金とはいわゆる2年縛りのことですね。

 

24か月以内に解約した場合、違約金が1万円くらいかかるというものです。

 

結論から言えば、格安simの方がお得です。

 

月額5000程度節約できるので、数か月もすれば元が取れます。

 

 

事務手数料もかかるけどお得ですか?

事務手数料はだいたい3000円ですね。

 

電話番号を変えないためのMNPもだいたい3000円です。

 

トータル6000円強。

 

こちらも結論から言うと格安simの方がお得です。

 

違約金も手数料も、毎月浮く5000円で、もとはすぐ取れます。

 

 

分割払いで払っている端末代金は?一括して払えと言われたら?

 

3大キャリアの料金プランですが、だいたいどのキャリアでも

 

携帯端末本体の代金を一括で払うか、分割で払うか選べます。

 

多くの人が分割にしていると思います。

 

 

ここに、

 

通話料のプランと、データ通信料のプランが組み合わさっている事がほとんどです。

 

 

格安simにするために解約しようとすると、残り代金を一括して払えと言われることが多いです。

 

 

ここでは2通りのやり方があります。

 

やり方1
端末代金だけ元の会社へ支払い続け、通話料・データ通信料は格安simと契約するというやり方。

 

やり方2
3大キャリアの解約時に一括で払うやり方。

 

結論から言うと、端末代金の残りを一括で払ったとしても、格安simにしたほうがお得です。

 

3大キャリアの通話料やデータ通信料は、格安sim各社に比べ割高に出来ています。

 

いろんな割引キャンペーンと抱き合わせで販売を仕掛けてきますが、

 

結果、どうしても金額が膨らむように出来ています。

 

基本的に格安SIMに乗り換えたほうがお得になるのは間違いありません。

 

心配でしたらご自身でも残りの端末代金と乗り換えた場合を計算してみましょう。

 

自分でお金を計算してみるのはお金持ちになるための必須能力です。

 

 

余談ですが。^^;
乗り換えの時は、まれに不親切な対応をされます。

 

わたしの周りでも、強く引き留められたという話を聞きます笑

 

格安simカードを挿入するときにまれに壊れることがありますよとか、
スマホが使えなくなりますよ、など・・・

 

(今までそんな事が起きたのに遭遇したことはありません笑)

 

お得なキャンペーンが無駄になりますよ、は、よくある常套句です。

 

ですが負けないで、格安simに変えましょう笑

 

格安simのデメリット

ここで格安simのデメリットも見てみましょう。

 

1.通話料が定額ではない。

 

長電話する人には向かない気がしますが解決策も後ほどお伝えします。

 

2.かけ放題が無い。30秒に付き10円程度かかります。

 

3.人ごみで電波がやや弱くなる。

 

4.携帯メールが使えない。@ドコモ @ソフトバンク

 

5.通信が遅い疑惑がぬぐえない

 

6.LINEのID検索が使えない。

 

ざっとこんなもんでしょうか?

 

デメリットに対する解決策

 

通話料が定額でなく、かけ放題ではない

→長電話をしたい時はLINE通話を使ってください。

 

仕事などでどうしても長電話が必要なら、かけ放題無料のオプションを購入しましょう。

 

人ごみで電波がやや弱くなる

→確かにちょっと通話の質が落ちる感じがないこともないような…

 

ですが、私個人は困ったことはありません。

 

(人ごみは嫌いだし、沖縄は那覇以外はそんなに人ごみがないからかもしれませんが…)

 

携帯メールが使えない

→Gmailを使ってください。何の問題もありません。

 

LINEやメッセンジャーなどチャットアプリが当たり前になってきているので

 

キャリアメールの必要性が無くなって来ていますね。

 

通信が遅い疑惑

→通常使っている分には困ることはありません。自宅にWi-Fiがあるならなおさらです。

 

通信速度を重視するなら、そこに力を入れている格安sim会社を選びましょう。

 

LINEのID検索が出来ない

→他の検索方法でカバーしたらいいと思います。

 

格安simへの乗り換え方法

 

簡単にお伝えしますね。

 

  1. 今契約中の会社からMNP番号を取得
  2. その番号で格安SIMを契約
  3. 届いたらSIMカードを指したらOK

やり方については、格安SIMに変えたらその会社にきくと親切に教えてくれます。

 

 

おすすめ格安simは正直どこも大差ないと思います。好みの問題ですね。

 

SIMフリーではないスマホをお持ちの場合は!

SIMロック解除をしなくてはなりません。

 

ちょっと手間に感じる方は現在のキャリアに対応してくれる格安SIMを選ぶと良いです。

 

DMM、楽天(ドコモ対応)
Mineo(全部対応)
Nuro、b-モバイル(ドコモとソフトバンク対応)等 

 

今日は節約の考え方についてお話したかったので、

 

携帯代についてざっくりとした流れだけお伝えしました。

 

 

お金持ちになるために、家計の支出(お金の出口)について敏感になれ

 


今日は、お金に余裕を持つ為の力の1つ「貯める力」を付けよう!ということで

 

固定費の見直しについて、携帯料金を例にとってお伝えしてきました。

 

 

もちろん携帯代金だけが全てではありません。

 

月額で出て行っている支出に対して、もっと強く意識しよう!という事です。

 

支出を抑える

生活に支障のないところから始めましょう。

 

食費や光熱費のように生活の質を落とすのではなく、固定費に敏感になる!

 

※ギャンブルや宝くじは論外ですよ

 

毎月の固定費を見直そう

毎月出て行っているというのは、垂れ流しと同じだと思ってください。

 

いい機会だと思って、下記を参考に家計の支出を減らしてみてください。

 

  • 行っていないジムの会費
  • 読まない新聞
  • 使っていないカードの年会費
  • 毎月なんとなく払っている保険料
  • 支払っている金利

 

例え何百円という少額だったとしても、支出が繰り返される固定費は大きな金額になります。

 

 

 

追伸

 

私の携帯代金は6500円だったものを3500円に、

 

夫の携帯代金もかつては15000円程度払っていたものを4000円に抑えました。

 

合計して毎月14000円、年間にすると168000円節約している事になります。

 

結構大きかった!

 

 

再追伸

 

お金を貯める力、お金を稼ぐ力。

 

まずはこの二つの力から育てていきましょう。

 

家計の見直しをしてお金を貯め、給与以外に収入源を確保することで効率よくお金を稼いでいきます。

 

株や不動産も良いと思います。

 

私の場合は、その元となる資金が無かったので、アフィリエイトに挑戦しました。

 

アフィリエイトでお給料以外に不労所得を確保しようとした、という事です。

 

ネットど素人でしたが半年もかからずに不労所得の仕組みを構築することが出来ました。

 

お陰で沖縄で移住生活も楽しめています。

 

沖縄はお洒落なお店やヘルシーなお店がとってもたくさんあるので楽しいです。

 

※本島最北端の辺戸岬近くにある食堂の薬草ピザ^^

 

 

※今帰仁で人気の洋食屋さん

 

 

※長寿県ならではの伝統食もおいしいです。

 

 

※お洒落なカフェはたくさんあって目移りします。

 

 

※沖縄は多国籍な場所なので食に困りません。

 

再々追伸

 

もし、あなたが株や不動産など、お給料以外の収入源を作りたいと思っていて

 

当時の私のように元手となるお金が無いとしたら、アフィリエイトは助けになると思います。

 

※私もアフィリエイトに人生を救われた人間の一人です。

 

メルマガでアフィリエイトの始め方や、具体的な収入の仕組みの作り方などの情報を発信しています。

 

メインの活動はメルマガで行っていますのでご参考になるかもしれません。

 

※今だけメルマガ登録無料&プレゼントキャンペーン中です。

 

ちなみに、キャンペーンは予告なく終了することありますので

 

期間中かどうか確認してみて下さい^^↑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※hotmailとoutlookは迷惑メールフォルダに入ってしまうことがあるようです。それ以外のアドレスをお勧めします。

 

 

 

 

 

※ご入力頂いたメールアドレスは厳正に管理し

外部への共有、貸出し、売却等は一切致しませんのでご安心ください。