車は買うべき?維持費は月々いくらかかるんだ?

 

 

今日は、人生の3大支出のひとつ、について解説していきます。

 

人生で一番高い買い物になり得る車。

 

一生涯のうちの交通費を考えたら買った方が安いのか?でも維持費は?

 

いろんな疑問にお応えしていきたいと思います。

 

 

このブログではお金との付き合い方を見直して

  1. 効率的にお金を稼ぎ
  2. 効率的にお金を貯め
  3. 貯めたお金でお金を増やすものを買い
  4. 増やしたお金を適切に守る

これを繰り返して、資産家の世界へ移住するための方法をお伝えしています。

 

車を所有することの見直しは

 

2の効率よく貯めるに直結していきますので絶対に外せません。

 

わたし達も沖縄移住の夢を叶えたあとも、夫婦でお金の勉強を続けています。

 

 

まずは、そもそも車が必要かどうか考え直してみましょう。

 

「本当に、本当に!」所有していなければならないのか考えるという事です。

 

維持費も含めて、本当に高いのが「車」です。

 

 

 

 

車は買うべきなのか。月々の維持費から考える。

 

 

車は維持費が高く、月々の固定費の中でもかなり大きな支出になります。

 

 

仮に20〜70歳まで50年間乗り続けるとします。

 

もちろん、個人差や車の種類にもよりますが、

 

ローンや維持費も含めて、50年間で4000万円かかる人もいます。

 

 

車にかかるお金をざっと見てみましょう。

 

  • 車の本体代金+ローンの金利(一括払いで買えれば無しだがほぼほぼローン)
  • 保険代(損害保険、車両保険)
  • ガソリン代
  • 駐車場代
  • 消耗品費 タイヤ
  • 税金 自動車税(年1回) 重量車検時(車検時)

 

これらの概算の年間維持費はトータルで40〜50万円かかります。

 

つまり、維持するだけで月々4万円以上かかるという事です。

 

お給料にしてみたら、月々5万円以上を車の維持のために稼がなければならないことが見えてきます。

 

車は非常に高い買い物だという事です。家計の圧迫におおいに幅をきかせています。

 

私たちは、それだけ高いお金を

 

車の月々の維持費につぎ込んでいるということは理解しておく必要があるのです。

 

 

車は必要ないかも…と思えたら、維持費削減のために思い切って手放そう

 

 

私たちの目的「心の自由とお金の余裕」を得るためには

 

月々の維持費=固定費の削減は必須です。

 

それが一番手っ取り早く、かつ効果が高く、効率よくお金を貯めることが出来るからです。

 

 

もし、その視点にたって車の維持費をとらえなおすことにしたのなら、

 

一度でいいから売却を考えてみてください。

 

手放すという行為が一番てっとり早くて、効果が高いからです。

 

 

代替案として、

 

公共交通機関を使うことを検討してみたり

 

レンタカーや、カーシェアリングを使うのも良いでしょう。

 

タクシーも、一見贅沢品のようですが、利用頻度を考えた時に

 

車の所有をするよりも案外安く済む場合もあります。

 

1台の車を家族で上手くシェアすることも具体的に考えてみましょう。

 

 

車は移動手段に過ぎない。お金持ちの車の話

 

※通りすがりの青い海

 

世界のお金持ちたちの車の所有についてご紹介しますね。 

 

世界一の投資家のウォーレンバフェットさんは資産約10兆円の大金持ちです。

 

彼が所有しているのは、スバルのレガシーだという話があります。←2018年時

 

約300万円くらいの車です。

 

資産10兆円もあるのに数千万円のフェラーリでもなく、ロールスロイスでもないんです。

 

投資家を始め、お金持ちは出ていくお金を大事にしていることが垣間見えます。

 

 

車の維持費にまつわるあれこれ

 

今からお金に余裕のある生活を目指すのであれば

 

効率的にお金を貯める力は必ず身に着けておくべきです。

 

そのために、今日まで保険携帯電話など、月々の固定費について敏感になるようにお話してきました。

 

 

お金を増やしたいなら、今は、何かは我慢した方がいいです。

 

そして、どうせ我慢するなら効果の高いものを我慢するのが効率がいい。

 

ですから、人生の支出TOP3である保険、車、家などについてお話してきました。

 

 

残念ながら、お金に苦しい家庭ほど、保険に入り車を買って持ち家を買っています。

 

 

日々の生活の質を落とさずに、お金を貯めるには

 

食事や酷熱費などの生活費を削るより、車を削った方が良いのではないでしょうか。

 

食費や水道代に数百円けちるより…大きな固定費を見直したほうがはるかに効果的です。

 

 

車は必ずしも「買うべき」ではない。消費と浪費の考え方

 

 

お金を増やしたいと思いながら浪費はしては意味がありません。

 

何かを手放せない人は、浪費と消費を混同して考えがちです。

 

浪費…生活に不要な物
消費…生活に必要なもの

 

この境界線を自分なりに考えてみることをお勧めします。

 

あなたが車を持つ目的は何かを考えたとき、その答えが、

 

移動手段である

これは消費に当たります。この場合、中古の車でいい筈です。

 

貯金で買えないレベルの車を、ローンを組んで手数料を払いながら買う必要性を考えてみましょう。

 

移動手段以上の価値、ファッション、ステイタス

これは浪費に当たります。

 

他人の目が気になるのもわかりますが、そんなところで他人と勝負しても意味がありません。

 

車が好きだという方のお気持ちもわかりますが、それはお金を増やすコンテンツを買い

 

お金が増えた後で買いましょう。

 

無駄遣いしたいのかお金を増やしたいのか一度よく考えてみるのをお勧めします。

 

どうしても買いたいなら移動のニーズを満たす中古車で十分ではないでしょうか。

 

ローンを組まないで済む、貯金で買えるレベルの車の事です。

 

 

勿論、浪費はすべてダメだというわけではありません。

 

ただ、死ぬ時にお金持ちになっても仕方ないとは思います。

 

負債を未来に先送りして将来辛くなるのも大変なだけです。

 

ローンは全て借金だという事をハッキリと理解して起きましょう。

 

ローンを組むのが必要な物を所有すればするほど、お金の奴隷になってしまいます。

 

 

車の月々の維持費を通して、お金との付き合い方について考え直してみる

 

※ビーチでお散歩中に貝殻拾い

 

お金を貯めるのは、最初が一番しんどいです。

 

なぜなら、まずは自分の時間を切り売りして、元となるお金を作っていく時間が必要だからです。

 

同時に月々の固定費支出を減らしていけば、その期間は短縮されるでしょう。

 

自分が働く状態から、より早く、お金に働いてもらう状態へ移行していくことが出来ます。

 

生活費を不労所得が上回ったその時がゴールです。

 

お金が増えていく仕組みをもう一度おさらいしますね。

  1. 効率的にお金を稼ぎ
  2. 効率的にお金を貯め
  3. 貯めたお金でお金を増やすものを買い
  4. 増やしたお金を適切に守る

 

このサイクルを繰り返し、溢れた分のお金で好きなものを買えるようになります。

 

先に、ローンや借金を所有してはいけないのです。

 

「浪費は全てダメ」ではなく、その買う順番を変えればいい、という事です。

 

 

 

つづき
損する車の買い方、得する車の買い方。再販価値について知らない人は必ず見てください

 

そのほか固定費を劇的に減らす方法まとめはこちらです。

 

 

 

 

追伸

 

人は、今が辛くても、未来が明るければ頑張れます。

 

けれど、返済しなければならないローンばかりでは未来が暗くなります。

 

 

私はアフィリエイトを通して

 

効率的に稼ぐことや、不労所得について実感してきましたが

 

その初期のころは本当に上手くいくかなんてわかりませんでした。

 

 

PVも伸びない、読者もいない、何の手ごたえもない中で作業を続けるのは苦しい時もありました。

 

 

夜明け前が一番暗い、と、よく言われます。

 

でも、悩むのは成功してからでも遅くない、と自分を励まして黙々と作業を続けました。

 

※あの時、挑戦してみて良かったと心から思います。

 

※人生一度くらい、一心不乱に頑張ってみるのも素晴らしい経験になりました。

 

※支えてくれた家族に感謝しています。

 

アフィリエイトについてはコチラの記事もご参考になるかと思います。
アフィリエイトは今後も稼げるのか?後発組の私の実体験

 

 

 

再追伸

 

このブログではお金の知識や、心の持ち方、沖縄での移住生活の情報発信に加えアフィリエイトの紹介もしています。

 

アフィリエイトの詳細については無料のメルマガをメインに情報を公開しています。

 

(始め方から、収入の仕組み化までをわかりやすく解説しています。)

 

あなたが、お金を貯めることだけではなくて

 

効率的に稼いだり、不労所得の構築にも興味があれば、ご参考になるかもしれません。

 

※メルマガの詳細についてはコチラ(プレゼントキャンペーン中)
↑機嫌が過ぎると定価に戻ります。今すぐ期限内か確認してください。^^