はじめまして!

 

本島北部のビーチにて

 

 

私がネットやパソコンについて知っていることは今でも本当にごくわずかです。

 

 

特にネットで稼ごう!と決めた頃は「サーバー」という言葉すらわかりませんでした。

 

 

そんなわたしが、どのようにネットビジネスを始めたかお伝えしていこうと思います。

 

 

このサイトをご覧になっていただき、こんな人でもできるんだ、と思っていただけたら幸いですし、

 

 

今、自信がなく、将来にも不安を抱えている、ひとりでも多くのそんな方々の救いになればこれ以上のことはありません。

 

私の過去も書いておこうと思ったワケは、たとえ私のような人間でもネットビジネスを立ち上げられると知っていただき、それは、あなたにも出来る、と確信していただきたいからです。

 

私には誇りに思える過去なんてありません。

 

 

極貧ではないものの決して裕福ではない子供時代だったと思います。

 

 

我が家もっとがお金持ちだったら、お金さえあればと、子供ながらにいつもお金を恨み、現実を諦めているような少女でした。

 

 

家族とうまくいかなかったり、恋人と共依存関係に陥ったり、精神的に不安定な自分と隣り合わせで生きてきました。

 

人間不信になりながら大人になり、それでもなんとか結婚し、夫の仕事の問題などから、世の中の仕組みっておかしいなと感じました。

 

新しい生き方を探して移住を決意、自分でお金を稼ぐ能力を求めてアフィリエイトの世界へ飛び込みました。

 

 

お好きなところからどうぞ^^

 

 

 

 

 

 

 

 

※hotmailとoutlookは迷惑メールフォルダに入ってしまうことがあるようです。それ以外のアドレスをお勧めします。

 

 

 

 

 

※ご入力頂いたメールアドレスは厳正に管理し

外部への共有、貸出し、売却等は一切致しませんのでご安心ください。

管理人よしだのプロフィール記事一覧

「うちにはお金がないから。」「ボロ屋」と言われた我が家一番幼い記憶は、鉄クズの匂いです。我が家は東京のはずれにある小さな鉄工場でした。父は大真面目で頑固な職人。一回り歳の離れた、おっとりとした母。昔気質の厳格な祖母。3人兄妹のわたしたち。一階は鉄くずや砂鉄の散らばる鉄工場。二階の住居に6人暮らし。前の通りをバスが通ると、家がガタガタ揺れたのを覚えています。小学一年生の時、遊びに来た友達に「お家、ボ...

「あんた、顔が汚いよ。」言葉の虐待親戚の中に強烈な叔母がいました。高収入の男性に嫁いだ叔母。毎日のように実家である我が家に遊びに来ました。子供には恵まれず、甥や姪である私たち兄妹に、お小遣いをくれたり、いろいろな物を買い与えてくれました。贅沢なもの、余計なものは買ってもらえなかった私は、いろいろな物がもらえることが純粋に嬉しくありました。ところが叔母には悪い癖がありました。叔母は発作のように突然ヒ...

認められたい一心で私はヒステリックなや親族や厳格で世間体を気にする家族に囲まれて過ごしました。病気がちだった兄、幼い妹に挟まれ、大人たちの期待は自然とわたしに集まりました。期待に応え、ほめられることで自分の価値を確かめていました。兄や妹を見下して優越感に浸っていました。今思えば、周りから褒められること、認められることに異常な執着を持つ子供でした。心の底から好きなことや熱中できることはほとんど無く、...

精神崩壊誰でもいいから私を必要としてほしい大好きだった彼に振られたわたしは頼まれたことは片っ端から引き受ける人間になっていました。認めてほしい…必要とされたい…誰かの一番になりたい…忙しくしていることで不安と孤独を見て見ぬふりをしていました。今思えば、新しく依存できる場所を探していたのかもしれません。振られた彼は同じ劇団に所属していたので、わたしは劇団にも居づらくなりました。大学に戻って真剣に学生...

クズのような暮らし夜が来ると、眠れませんでした。頭の中を後悔とみじめさが駆けずり回るのです。私がダメだから、誰からも認められない誰からも必要とされない誰からも愛されない誰もわたしのことなんて気にかけてもらえないここから消えてなくなりたい…こんなことばかり本気で悩んでいました。明け方ごろ、泣きつかれてようやく眠り、午後3時ごろに目が覚める。そして夜は眠れない。そんな日が何日も何日も続きました。父は、...

意識の拡大当時、夫が暮らしていたのはシェアハウスでした。様々な人がで入りしていたシェアハウス。平和活動家、お坊さん、昆虫マニア、ボランティア活動家、セラピスト、助産師、若手農家、路上詩人、スピリチュアリスト…管理人一家も変わっていて住んでいる人も、出入りする人も今まで会ったことのないような人たちばかり。ここで、びっくりするようなことをたくさん教わりました。環境のこと、オーガニックのこと健康のこと、...

「仕事辞めてきた」わたしたちはシェアハウスを出てふたりで暮らすことにしました。お互いの両親にも紹介を済ませ、結婚を前提とした二人暮らし。当時のわたしも可愛いもので、ドラマみたいなあまーい新生活を心に描いていたわけです。二人で暮らし始めてまもないある日、ウキウキと晩御飯を作りながら待っているところへ彼はいつものように仕事から帰ってきました。が、思いつめたような表情で玄関で立ち尽くす彼。どうしたのかと...

自分らしく生きていきたいわたしたちはよく、そう思うようになりました。自分らしさ、を探すように私たちはいろんなことをやってきました。宗教に洗脳されそうになったり、オーガニック料理教室に30万円払ってみたり、ビジネスセミナーにまた30万円払ってみたり、ネットワークビジネスにつかまったり、それ役に立ったの?ということもたくさんありました(苦笑)子供たちの教育環境に関心のあった夫について行って関西に住んだ...